2009年05月27日

ノーマライゼーション

ノーマライゼーション(normalization)は1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つ。障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。またそれに向けた運動や施策なども含まれる。


話は、同業者の友人からの1本の電話から始まった。

「近所に障がい者の施設が出来るんだって。
 今、(地区の)みんなで反対しているの。
 だって、何かあったら怖いじゃん?
 どういう(人が入る)施設か知っていたら教えて。」


友人の言葉に違和感を覚えながらも、
その件について少し調べてみた。

知的障がい者の入居施設が、市内のある地区に出来るとの話だった。
新しく出来るのかと思ったら、もともと郊外にあったものが老朽化したので、新しい建物を求めて動いていたところであったらしい。

自治体の担当課の方が
声を曇らせながら、でも憤りを隠せない様子で語ってくれた。

「その話、白紙になったの。
 住民の大運動でね。
 そりゃ、もう「化け物」扱いだった。」



何故、こういう事が起きるのだろう。
身近にも、全国的にも。そして世界的にも。

ノーマライゼーションが謳われてだいぶ経つが
やっぱり、地域に浸透なんてこれっぽちもしていない。
同業者の友人ですら、理屈は分かっていても
いざ、身近なこととなれば別問題のようだった。


確かに、事件なども報道されていて
住民の不安がある事は否めないかもしれない。

しかし、何故そういった差別や偏見・蔑視が起きるのか。
何故に、悲しい事件が起きてきた経過があったのか。
入所者やその対象者へのメンタルなケアは行き届いていたのか。
報道は、何故一方的でしかないのか。

すべての人間が、同じように生きていく事が
当然に普通でなくなってしまっているのか。


措置し、保護し、隔離してきてしまった歴史を
地域が、ひとりひとりが考える機会がないのは何故か。


「地域に理解を求める
 住民に話していくって、大変だね。」



業務外の事だったが、一挙にブルーになった。

地域で共に生きていく。
そんな当たり前のことが叫ばれてなお
現実は厳しい。

地域の受け皿がないまま
地域への働きかけがないまま
理念だけが、あっちへ、こっちへ
右往左往している。


あらためて、自分が目指すものの困難さを目の当たりにする。


ちょっと、話はズレるが
大手巨大掲示板にALSのスレッドがあった。
真剣に利用している人が多い中、
故意に誹謗中傷を書き込む人がいるのも事実。

ALSをはじめ、多くの神経難病の方と接する機会をいただいてきた私にとって
その心無い書き込みは、言葉を失うものでしかなかった。


このネットが繋ぐもの。
そこに不特定多数であれ、ある特定の個人や団体であれ
個人特定が出来ない事をいい事に
心無い事を、本気であれ、悪ふざけであれ
そんな事をする人が、実際数かなりいて

きっと、現実社会にだって今回の事のような出来事は多くあって

悲しみと憎しみと、むなしさで


そんな人を、きっと私は許せなくて


でも、ちっぽけな私は
やっぱり、このネット上のツールを使って
こんな風にしか、情報発信も訴える事も出来ない。



こんな事じゃ、何も変わらない。
こんな事じゃ、私もただの愚痴こぼしや、傍観者。

誹謗中傷する人間よりも、悪いかもしれない。



ノーマライゼーション

訴え続けるには、相当な努力と根気。
そして、絶対的に熱意が必要。


人を、人の気持ちを動かす力は
やっぱり気持ちだ。そしてエネルギー。



課題は、山のようにある。





参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ



posted by 木下 小櫻 at 01:56 | Comment(0) | 勝手に介護福祉未来構想

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。