2009年09月21日

学校運営に携わって

あんなにモチベーション上げてスクーリングから帰ってきたというのに、
やばいぞ?っていう位、何もしておりません・・・・・


今年は、大殺界か???
と、思う位、次から次へと何かが起きる。

今月は特にそう。

確かに、スクーリング前、
「1週間くらい不在だからね。帰ってくるまで待っていてね!」
・・・・・確かに、利用者みんなに声を掛けて出掛けた。

・・・・・みんな
見事に待ってました。


ありがとう!!みんな。
こんな、しがないケアマネジャーを待っていてくれて!!


・・・・・すごいっすよ。

1年以上ぶりに在宅復帰を果たす、老健入所者。
約1ヶ月くらい前に入院した利用者が、リハビリを頑張って、まとめて3人退院してくる。
(エンパワメント・ストレングスだぁぁぁぁっ)
老老介護で、やっとの状態だった夫婦が、妻の老衰を迎えつつあり
療養型の病院と、老健のご好意で、同日入院・入所。
もう老衰を迎えつつあった透析の利用者に、IVH・胃ろうが造設されて帰ってくる・・・・・(可哀想だと思ってます。)


今月前半、あっという間に過ぎた。

気がつけば、シルバーウィーク。

今月、まだ利用票配っていない。まずい〜〜〜。



前々から、いつかは児童へ・・・・・と、思っていた私。
自分の生い立ちが・トラウマが、
多分、そこを乗り越えないと、私は今以上の成長が望めない。

そんな気がしていて、
それは、やっぱり、今でもそう思っている。

きっと、担当とする利用者がいるうちは、自分から離れる事は出来ないけど、
法人の組織の一員として、異動の話が上がった時に
もしかしたら、考えてみようか・・・・・とも、思っている。


今年、何故かPTA役員を引き受けた。
長い事、何も引き受けてこなかったし、いつまでも逃げていられない
そう思って、最初は引き受けた。
あくまで、最初は「順番だし、仕方がないな。」程度だった。


でも、最近考えが変わった。

今の、学校を支える役員や校長先生をはじめとする先生方が
本当に良く、子どもたちの事を考えている事が伝わってくる。
多忙だ、激務だ、という中、
それぞれ時間を作って、
自分たちはもちろん、
地域の人達にも、子どもに関心を持ってもらい、見守ってもらおうと
一生懸命になっている。

子どもたちは、そんな思いをきちんと受け止めているのか、
それぞれ、その子なりのしっかりとした考えを持っている。


人の思いに乗っかりやすい私。
特に、一生懸命な人に弱い。


ああ、やっぱりハマッテシマッタ。


この時代に、あのように学校の子どもたちに一生懸命な人達に触発されて、
つい、私も出来る限りのことをしてしまう。


忙しいって言葉は使いたくない。
「私は忙しいから、話しかけないで下さい。」って、まるで背中に貼り紙貼っているような人にはなりたくない。


だから、もう少し頑張りたい。


だって、あんなに一生懸命に子どもたちの事を考えてくれる。
そんな人達見ちゃったら
着いていきたくなるじゃない。



だから、やっぱり社福士の勉強もきちんとしたい。


少しでも、
誰もが暮らしやすい、
誰もが、その人の人生において主役になれるように、

少しでも、みんなに近づけますように。



(そして、明日は試合です・・・・・
 練習も、ろくに行けてないのに、大丈夫か?私!)





参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ
posted by 木下 小櫻 at 00:06 | Comment(0) | 社会福祉士の勉強

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。