2008年02月21日

大事なものを4つ・・・・・vol.2

私が大事なものを極力作らない事を
大事にしている理由

結局のところ、自分の弱さなんだけど


「大事なものがなくなる事が、怖い」


ただ、それだけ。

それでも、私の周りには
大事なモノが、いっぱい。

子供や家族はもちろん
友人や、お仕事の関係者
利用者
みんなからもらった思い出
それから、何かに一生懸命な人
何かを大事にしている人


目の前から
大事なものがなくなる不安。
たぶん、私はソレを嫌というほど知っている。


弟が死んだ事
父親がいない事。何度も変わったこと。
母親に男が出来ると、あちこちに預けられた事。
大好きな人が逝ってしまった事。
自分の気持ちを託したピアスを風呂場で流した事。


書き出してみれば
きっと、誰しも、こんな経験は持っていると思う。

でも、
私は怖い。

弟が死んで、父親はいなくて
ノイローゼになった母親から
「あんたさえいなければ・・・・・」と言われ続け

急にみんないなくなってしまう。

突然、私の前から消えてしまう。


だから、ずっとずっと
誰も知らないところへ
私が強くなるように
一人でも大丈夫でいられるように

誰も知人がいないところへ、いないところへ
あえて選んで行くようにしてきた。


それでも、私の周りには大事なものがいっぱい。
どんどん出来てしまう。


失う事が怖くて
失くしたくないって強く思うけど

人生は複雑で
なくならないものは、絶対にない。


私が求めるものは
「絶対」
ただ、コレひとつなのに

どこにも見付からない。


私は、もっと強くならなきゃいけない。
当たり前である事が、当たり前であるように
受け容れられる強さを

弟の死後
誰とも口が利けなくなった
ちっちゃな私のままでいかないように。

タグ:認知症
posted by 木下 小櫻 at 19:06 | Comment(0) | 私の話

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。