2008年04月03日

一般対応?専門棟対応?

現在のデイサービスの他に、今後認知症対応型デイサービスを開設する事業者のスタッフさんから、こんな質問を投げかけられた。

「っていうか、木下さんたちは、一般のデイサービスと認知症対応のデイサービス、どこで線引きしているんですか?」

・・・・・これは、常々私たちも悩んでいる事だった。


私が悩むのは、認知症とそうでない場合の線引き・・・・・では、ない。

基本的に、専門棟のショートステイや認知症対応型デイサービスというのは、
なんらかしらの認知機能が低下した人や、
行動障害のある方などに対して、
専門的ケアを通して、
自立できる部分の促進や介護者への指導などを行い、
在宅生活の維持を目指すもの

・・・・・で、あって欲しいと思っている。

だから、私の中では認知症としての状態の重い・軽いではなく
専門的ケアが有効かどうか?
を、気にしている。


しかし、実際にはそうではない事のほうが大きい。

例えば
施設や事業者によっても考え方や、受け入れの対象者が違う。
その対応も異なる。

@行動障害こそないが、多少暴言のある利用者。
 一般のショートステイを利用すると、
 「問題です。正直、迷惑です。
  ケアマネさん、今すぐ迎えに来てください。」
A前頭側頭型認知症にて、攻撃性のある利用者。
 認知症対応デイサービス利用初日の10:00
 「無理です。」
B独語・暴言・被害妄想・幻覚・幻聴・3日3晩寝ていない
 専門棟ショートステイにて
 「なんでここにいるの?(何故、専門棟利用なの?)」
Cいつも笑顔だがふいに立ち上がり、歩きだす利用者。
 一般デイサービス利用にて
 「他のお客様の迷惑なので、専門のところへ・・・・・」
D不安により落ちつかず、館内を歩き回る利用者。
 一般ショート・専門棟ショート、両方から
 「向精神薬、使います。」


とにかく、
一般・専門・デイサービス・ショートステイ
何をとっても
ところによってまちまちで
何が適切なのか?
どうすべきなのか?
・・・・・非常に、悩ましい。


もっと、困るのは

「専門棟ショートステイや、認知症対応型デイサービスを
 勧めるのって、辛くありません?
 だって、(認知症ですよと)太鼓判押してるワケでしょ?」


・・・・・という、専門職の意見・・・・・。


認知症ケアを専門的に実践しているスタッフが
その働きかけによって
自立を促したり、利用者の意志を引き出したり
心身機能を維持・向上させる

そういう為の、利用じゃないのか?


なんだか
「悪くなったら、そっちへ行ってね」
ってな感じでいる人の方が多いみたいで

正直、がっかりするのだった。



にほんブログ村 介護ブログへ
ブログランキングへ

posted by 木下 小櫻 at 00:47 | Comment(5) | 認知症

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。