2008年05月12日

チューリップ

少し前に全国で花壇や公園のチューリップが大量に刈り取られるという事件が起きました。
一ヶ所で起きると全国的にマネをするのか、何なのか?

何故、刈り取ってしまうのでしょう?
何か目的があるのか?
販売するのか?
何処かに撒き散らすのか?

いづれにしても、私にはわかりません。


ところが、我が家にも数年前からチューリップや花が取られる・・・・・という事が起きています。
いつ頃からだったか、花を育てる事が楽しくなった私。
春先になると花の苗貧乏に陥る私。
今では、自分で増殖(繁殖ですか?)させる事を覚えた私。

がっかりすると同時に、若干の怒りさえ感じていました。

姑に至っては、ガーデニング歴も長く栽培上手。
今時、生徒を(教師です)ガッ飛ばすことの出来る筋金入り。
とっ捕まえてやる!・・・・・と、怒ってました。


翌朝、窓の外からガサガサという音が・・・・・
来たか?
音がしなくなるのを待って外へ出てみました。


袢纏を羽織り
パジャマの上にスカートの重ね履き
右足はだしで、左足つっかけ
左手に3本(ピンク・黄色・紫)のチューリップ
右手に剪定バサミ


・・・・・鼻歌・・・・・歌っている・・・・・
楽しそう・・・・・



「まぁ、いいよね?」
「うん、いいよね。」
「来年も咲くしね。」
「球根、残っているし。」


ハサミを持ち歩いているので危ないからと
そのお宅へは行ってきました。
くれぐれも転倒や、ハサミによる事故がないように。
近所からしょっちゅう怒られているそうです。
怒られた家へは、近寄らなくなるそうです。
毎朝、ふらふらと散歩へ行く。
今のところは、自宅へきちんと戻ってこれると。
怒らないで・・・・・とだけ言ってきました。



全国的なチューリップ泥棒は許しませんが
花をみて喜んでくれるなら、それで良しとしました。
我が家では。

でも、実際、こんな事が原因で
町内でのトラブルに発展しているケースは結構多くあります。
「迷惑だから、なんとかしてくれ!」
そんな相談も舞い込んでいます。
丹精に育てているからこそだと思います。

花に関する話題でしたが
「地域で支える事」っていろんなところから出発すると思います。
刈り取って行く事を、すべて容認しろという訳ではありません。
病気だから、擁護しろとか大目に見ろという事でもありません。
簡単なようで、難しい事です。
地域住民・・・・・一般的な人々です。
考え方も様々ですし、価値観も常識もすべてそれぞれです。

個人の支援ではなく
コミュニティに働きかける事

口で言うことは簡単ですが、難しい事です。

でも、そこまでの働きかけが必要であり、今後求められる事ではないかと思います。




追記
先日、“おせっかい通信”をいただき、見ました。
NHKスペシャル セーフティネット・クライシス
   〜日本の社会保障が危ない〜

まさに、今直面している問題で
一つの問題はそれだけではなく、社会の様々な歪みが
複雑に絡んでいる・・・・・
身近にもたくさん事例があります。
一個人としては、事例を持ち寄る・かけ合う・訴える
その位しか出来ませんが、
国や自治体にも、もっと真摯に検討いただきたいと思います。




参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ


posted by 木下 小櫻 at 00:38 | Comment(9) | 認知症

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。