2008年05月23日

虐待相談

今月、新規依頼で担当が始まった数件のケースは
すべて虐待がらみだった。

正直に申し上げて、精神的エネルギーを消耗するようです。
事務所に帰ってきて、デスクに座るとまず溜息。
しばらくボーっとしてしまう。
さっさと、虐待相談受付票や記録の整理をしなくはならないのだが
頭が思考停止状態になってしまう。


全体的に虐待とされるケースが増加傾向にあるのか
今までも同じようにあったのが、表面化されるようになったのか
おそらく昔からあった事だけは確かだとは思うが
隠れていただけなのか、実質数が増加しているのか?

何であれ
虐待は許される事ではないと思う。
しかし、本当に悪質な虐待から
何とか元に戻って欲しい、昔はこんな人ではなかったという思いが昂じて虐待の形になってしまうもの
どう対応していいのか分からずに、虐待になってしまうもの
苦しい思いが煮詰まって、虐待となってしまうもの

様々な思いが交錯して
知れば知るほど、なんともやりきれない気持ちになる。

虐待の連鎖もある。
以前、ひどい仕打ちを受けて、その立場が逆転するもの
同じく、別の対象に向かうもの


でも、どんな思いがそこに介在していたとしても
虐待は容認できないし、放っておけない。
なんとか状況の改善や、生活の分離を行なう。
少しでも、今より良い状態に、切ない状態がなくなるように。

なのに、虐待があると分かっていて
その場所へ帰らざるを得ないケースもある。
起こり得る状況が、容易に考えられるのにそうしなくてはならない。

そんなのって、適切な支援と言えるだろうか?


無理を承知で、保険者に相談に行った。
昨年にも一度、虐待相談をかけたケースだ。
経済的理由から在宅での生活を再開せざるを得ないケース。
だが、利用者の状態は1年前より悪化していて、以前にも増して虐待が増悪することが考えられる。
病気の受容を家族が出来ず、「自力困難」である事を納得できず
介護に時間が取られる事より、介護者が唯一心の糧にしてきたある活動に参加できなくなる事より、精神的な摩擦が利用者に向かう拍車をかける可能性が高い事。


いつものように
「実際、事が起こったときに保護しましょう。」
との意見。
「でも、ここまで解っていて、今対応できないというのは問題じゃないですか?」

いつもいつも思う。
何か起こってからでは遅い。
確かに、増加している虐待件数から全てを先回りして対応する事は難しいという保険者の言い分もあることは分かる。
でも、何か起きて明るみに至るまでに、どれ位の痛みや悲しみがそこに存在するというのだろう?


いつもいつも思う。
みんな丸投げで、対応に追われるのは私たち一事業所の職員や、生活分離を受け入れてくれた施設職員だ。
保険者の途中経過やその後のフォローがない。


数の多さも、保険者の対応も
どっちも頭が痛い。



そういえば
2年前、成年後見の自治体長の申し立てに対する予算が2件分しか組まれていない・・・・・と、聞いた。
あの頃に比べれば、ちっとはマシなのか?


在宅支援を行なう者として
その在宅から早急に引き離さなければならないケースが多い事は
正直、残念だしショックでもある。
何度も言うように、必ずしも自宅が幸せかというと
そうではないケースはある。
家族との生活よりも、第3者との生活の方がずっと尊厳を保てるケースはたくさんある。

時代の変化なのか、社会が病んでいるのか?



明日も走り回る事になるだろう。
(もう今日だ・・・・・)

何処まで行ったらいいのだろう?



上記のケース。
「事が起こったら、保護・特養に入所」
「もしくは、事が起きる以前に、今の段階で、本人を老健に保護入所し、配偶者を養護に措置入所」
・・・・・との話し合いにまで発展した。

今回、出来る限り保険者がどう動くのか見てみようと思う。

・・・・・実際、動いてくれるのか心配だけど。




参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ





posted by 木下 小櫻 at 02:42 | Comment(6) | 仕事の話

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。