2008年02月03日

織田 信長

最近、何か買ったときに付いてきたものに

「織田信長は、幼少期に両親の愛情を注がれなかった。
 それは彼の人格の欠陥につながった。」

・・・・・と、あった。


確かに、子供の頃に愛されて育つかどうかは
その人のその後の人生に大きな影響があると思う。

3つ子の魂っていうもんね。


でも、そんな論調を見ると
悲しくなったり、反発したくなったり・・・・・

「あんたさえ生まれなければ、
 私はこんな人生じゃなかった。」

毎日、何回も、そう言われ続けて育った私は

じゃぁ、いったいどんな人格よ!?・・・・・思う。
どんだけ〜!?
と、言いたくもなる。


そうはなりたくないし
でも、私の何処かにそんなん私が潜んでいるのか?


寂しい思いをする環境から抜け出ても
元いた場所に突き落とされる。

一生、ついて廻るんだな。

posted by 木下 小櫻 at 16:47 | Comment(0) | 人格形成

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。