2008年02月11日

在宅支援

利用者の望む暮らしを、生活の視点に立って支援する。
在宅支援はそういうものだと思う。


どんなに望んでも
どんなに調整しても
なかなか上手くいかないこともある。


ある独居の統合失調症の利用者がいた。
彼女は、過去の事実に基づく不安から
日常的に被害妄想の中で生活している人だった。

信頼していた人から受けた心無い事で
現在の彼女は、親族も友人も
支援に入るサービス提供事業者も
もちろん私のことも
誰の事も信用していなかった。

・・・・・続きを読む
posted by 木下 小櫻 at 01:42 | Comment(0) | 介護支援専門員

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。