2008年02月18日

社会保障制度

私は日々、高齢者や疾患を抱えた人たちを対象として仕事をさせていただいている。


今ある現実は
ひとつの側面からでは
なかなか変えていく事が出来ないものと思っている。


少子高齢化がすすむ中
様々な社会保障制度も
変革をせざるを得ない状況になっている。

そんな中
私に出来る事といえば
本当にごく限られていて
ほんの些細な
ちっちゃな事しか出来なくて

自分がとっても無力だなと
感じながら、仕事をしているけど


でも
今日より明日のほうが
少しでもいい方向へ向かうように

いろんな機会を大事にして
勉強したいと思うし
共通理解や、働きかけの統一もしたいし
ケースごとの検討もしたいと思う。

そして、アクションを起こしていきたいと思う。

posted by 木下 小櫻 at 00:43 | Comment(0) | 介護支援専門員

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。