2008年05月05日

子供に掛かるモノ

介護に携わる仕事をしていて思うこと。
それは家族の歴史や関係性が、大きく“今”に影響を与えるという事。


少し、話はズレます。(ノッけから)

最近、blogにアップしているものは、在宅看取りや生きる事・死んで行く事・・・・・それに掛かる意思決定。
そんな記事が続いていました。
その人の意向を最大限尊重する事とはどういう事なのか?
常々、考え・悩んでいる事です。

でも、対象が変われば、また考えも変わってきます。
例えば子供だったら・・・・・?
何としてでも生きていて欲しいと思う方が大半だと思います。
例えば、我が子の病気や怪我・・・・・変わってあげたいと思います。
知人には、お子さんを病気や事故でなくされた方が数名おります。
高校時代の友人は白血病で若くして他界しました。
中学時代に憧れた先輩は、1人は試合中の事故・もう1人はバイク事故。
すごく身近にいた人は、自ら逝ってしまった。
そして、弟は先天性心疾患で短い生涯を閉じた。


健在であっても、闘病中であったり、以前は必死で治療した方もいらっしゃると思います。
私の職場にも、お子さんが小さい頃必死で看病していた方がいます。
その方曰く
「あの時は大変だった。(闘病中の子が)風邪をひけば、あなたが咳をしたからだと、上の子を責めた。どこかからか笑い声が聞こえれば、なんでウチはこんなに大変なのになんで笑うの?と怒り、病棟スタッフの表情一つで怒鳴っていた。」
・・・・・それだけ、対象が子供である事は大変な事なのだろうと思います。


これからの世の中を支えていく事になる子供達。
今の大人たちのツケを被る事になるであろう子供達。
モラルや概念が崩壊し、いつも危険と隣り合わせの子供達。
小さな頃から集団生活や社会生活を知らない子供達。
場合によっては、曲がった愛情を注がれている、もしくは愛され方を知らない子供達。


介護に携わる中で、
どうしてなんの連絡もよこさないのだろう?
どうして、「いい様にヤッておいて下さい。」なんて人任せなんだろう?
そんな風に介護者や家族に対して思うことがあります。
でも、事情や家族関係・現在利用者である親が、どんな接し方をしてきたのか?
いろんな事が見えてくると、なんともしがたい気持ちになる事があります。
(中には、本当に勝手な方もいらっしゃいますが・・・・・)

少し自分とダブるのです。
こんな仕事をして、こんなに介護者の存在の是非が利用者の生活に大きく影響を及ぼす事を厭という程知っているのに
私に親の介護が出来るかどうか・・・・・悩むのです。

先に紹介した、お子さんを看病してきた職場の方の気持ち。
よく分かるのです。
何度かアップしてきたように
望むことなく私を身ごもった両親は、弟の闘病・他界・父の蒸発(という名の、別宅での生活)後、離婚します。
何度か再婚・離婚を繰り返す母。ノイローゼだと言っていた母。
その度にどこかへ預けられる私。


繰り返される、
「アンタさえいなければ、私はこんな人生じゃなかった。」


今でなくとも、比較的子供の頃から母親の切なかった事は理解していました。
父の残した借金を払い続け、どこかに預けていても子供にかかる養育費は捻出し
生活保護を受けながら、パートの給料だけで生活する。
「奨学金、もらえるレベルは維持しなさいよ。じゃなかったら学校辞めな。」
大変なのは分かるから、目指した看護学校へ行くのも高校時代に深夜までバイトし、お客である父と同じ世代の大人を心のどこかで嘲笑し、
(ちなみにこういう話をすると、非行にでも奔っていた印象をもたれるのですが、反抗している暇はありませんでしたよ。っていうか、私、ルーズソックスのハシリの時代ですよん。)


でも、上の言葉「アンタさえ〜」は、やっぱり私の中に残っています。
母親と対峙出来るのかどうか・・・・・不安があります。
行政の追跡調査で、父親と繋がりのある者へ連絡がきたら、人として誠意ある対応が出来るのかどうか・・・・・


ここまで極端な話でなくとも
家族に培われてきたものは、後々まで影響すると思います。
裕福である事が幸せだとは思いません。
気持ちが繋がっている事が大事であり
その絆をどう作るのか・・・・・

もちろん、私にもその答えは見付かってませんし
日々、奔走中です。

家族・親子の絆の強い人がいます。
似たもの夫婦で、何故か他人の不幸を
「あんなことしているからだ。」
「馬鹿だ」
と、話している人です。(その話を聞くことは非常に苦痛です)
その方たちのお子さんは、幼稚園にして失敗に対する過度な恐怖心があり、「失敗したら馬鹿にされる。」と緊張のあまり失神します。

いつもお母さんはパチンコに行っていて、遅い時間になっても帰ろうとしないお子さんがいます。

いつも高価なもので着飾って、子供として経過していかなくてはならない自然と触れ合う教えを「うちの子にはさせないで下さい」「他の子がしていてもダメ。服が汚れるでしょ!?」と、言われ我慢しているお子さんがいます。

毎日毎日、夜遅くまで一家揃って外食でご飯を済ましているお子さんがいます。

バーチャルな世界と、生きている世界が混ぜこぜになっているお子さんがいます。

自分や誰かを傷つける事でしか生きている実感の持てないお子さんがいます。

自分の気持ちをどう表現していいのか分からない人がいます。

誰でもいいから抱いてくれる人がいないと自分を認識出来ない人がいます。

愛される実感を持てず、誰かを、自分を愛せない人がいます。



偉そうな事を言ってますが、私も同様です。
我が子たちに話している事は、いい事なのか、悪い事なのか
私自身、自分を大切に出来ているのかどうか
もし出来ていなければ、家族に対しても出来ていないのではないか?


人を、家族を、切っても切れない仕事をする。
永遠続く、私の自問自答。


次世代を担う子供達は、かけがいのない存在です。
元気でいて欲しい
健康であって欲しい
ごく当然の思いは、きっとほとんどの方に共通するものではないでしょうか?

その子供達に、生き方や道理・考え方
教えていくのは私たち大人です。
気付いてあげるのも、自分達の立ち位置も。


そこら中に、サインが落ちています。




参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ



posted by 木下 小櫻 at 15:58 | Comment(5) | 人格形成
この記事へのコメント
小櫻さん
本日2回目のコメント書き込みです。

私のブログへ訪問ありがとうございました。
小櫻さんのブログにリンクさせて頂くなんて光栄です。

実は、私(達)の一人息子は軽度知的障がい児でした。
彼は、神経芽腫という小児ガンで他界しました。

私が、いまの職に転職したのも彼の死が有ったからです。
そして 私が負けそうになったり、挫けそうになると
彼が後ろから支えてくれます。

妻との(相互に)思いやりが無くなって来たのも、息子の死が有ったからかもしれません。

いつかブログにアップするつもりですが、彼女の許可を貰ってからにします。
一度離婚届提出したんですが、彼女から取下げをして…。
まだ戸籍上は、妻ですから そして永遠に母ですから

だから私は、知的障がい者・児に対する思い入れがとっても強い支援者です。
決して介護者としては上等な介護はしていません。
むしろあまり良い介護者ではない気がします。

でも、いつも当事者自身に寄り添いたいと思っています。
家族・関係者は大切ですが、本位はご利用者です。

私たちの事業所にも、育児支援の依頼が来ます。
時々、小櫻さんの記事の様なケースが舞い込みます。

そして、そんな時は支援者が困ったり 悩んだりしています。

実は私も悩んでいますが、支援を担当している方には、いつも「子どもには罪は無いから」と話します。
でも、本当は支援者は判っていてくれています。

判っているから、その子を護りたいから悩んでいます。
親の勝手で子育てをしても良いとは思いません。
むしろそれは良くない事です。
でも、私たちは いま その子を見守りその子の問題を解決していく事が第一と考えます。
小さな事でも解決することで、先が見える時が有ると信じています。

また、散文になってしまいましたね。
ごめんなさい

また、コメント書込みさせて下さいね。
Posted by まんぼう at 2008年05月05日 22:50
“まんぼう”さんへ。

いつでもいらして下さい。もちろんコメントも歓迎致します。
みなさん、いろんなものを抱えていらっしゃるのですね。
それでも、前を向いて、すごいなぁって思います。
本位は利用者です。間違いないです。
出来る事なんて、ほんの些細な事かもしれないけど、それでもひとつひとつ解決していく。
それが大事ですよね。
Posted by 木下 小櫻 at 2008年05月06日 00:08
おいらは この動けぬ身体を受け入れる事は一生ないな と思うんす

かと言って嘆く うったえる 落ち込む 愚痴こぼす 大変さをうったえる

動けぬ身体は何もかわんない
動けぬ人も十人十色
難病患者も十人十色
健常者だって一緒やん
嘆くか うつむくか 前向くか

おいらが思い描いてるのは、、、
生きたかった子ども達の魂

大人になるまで生きてこれた 俺が
今の俺を嘆いていたら あの生きたかった 生きて泣いたり笑ったりしたかった
あの魂たちに 向こうに行っても会わす顔が
ないと思った

愛でも 哀愁でも 思い出でも振りかざしたらヤイバとなる

「大人が笑えば 子どもも笑う」


Posted by たけちゃん at 2008年05月07日 08:02
“たけちゃん”へ。

ごめんなさいね。
あまり何も考えずに打ち込んでいます。吐き出すのは別に、ノートでも、ワードでも、エクセルでも・・・・・何もアップしなくてもいいんでしょうけど。

嘆いているように聴こえますか?
だとしたら、不愉快ですね。ごめんなさい。

でも、嘘っぽいかもですけど
嘆いてなんかいないんです。

私のイメージはどんなでしょうね?
実物知っていて、こういう核みたいなものを知らない人は、「いつでも笑っている人」「何がそんなに可笑しいのか、いつも笑い声がデカイ人」のうようです。

話してないんです。
こんなの、面倒くさくて。
つまんないですし、実際何かのきっかけで話すと、大概引かれるか、動揺されるか、腫れ物になってしまったりとか。

仕方ないっていうか、悲観してもしょうがないっていうか、現実として歩いてきた道だから。



ただ、現代の子供達が抱える問題は、大人が想像する以上に大きいと思うんです。
頻発する思いもよらない出来事とか。
大人に見える私たちが、しなくちゃならない事ってあると思います。


どんなに大笑いしていても、どんな人でも心配事とか不安とか、困っている事、人にいえない事ってあると思うんです。そういうのがまったくない人なんていないとさえ思っています。

ただ、人はみんな自分の中でコントロールして上手に生きている。
でも、老若男女問わず、健康・疾患問わず、時々そのバランスを崩す人もいて、しかもそんな人は増加していると思います。(私見です)
このサイトを立ち上げる時に、わざわざblog名をこんなものにしたのは、そういう想いからでした。


ごめんね、たけちゃん。
がっかりですよね?

このサイト、こういう意味では、知人にバレるのはキツイと思ってました(笑)
今は、開き直ってます。
もう、ついでだから私の人間性まで知れるモンなら知ってみろ!みたいな(冗談です)。


子供、大事ですよね。
自分の子はもちろん、どんな子も。

近所で“?”視されている子がいるんです。
一昨日、一緒に外で遊びました。
おかげで、右腕筋肉痛です。
話せば明るくて、素直。

人間誰しも、たった一人でもいいから、自分の事を話せる人がいるといいですよね?
そういう人になれるかどうか分かりませんけど
器の大きな人になりたいです。
だから、強くもなりたい。

ほんと、発展途上です。

こんな感じでも差し支えなければ、懲りずにいらしてください。

Posted by 木下 小櫻 at 2008年05月08日 00:34
あの長屋の人たちは 人生の中で十分苦汁を飲まされて来た方々で
生きるとは そんな事なのかも知れないけどね

辛い事 悲しい事は頼まなくとも向こうからやって来るし 楽しく生きてみっか みたいな人たちで、、、そんなのどうでもいいやねぇ

俺の小櫻ちゃんのイメージ?

旦那さんが知ってればええんと思う

>人間誰しも、たった一人でもいいから、自分の事を話せる人がいるといいですよね?

うちら夫婦 今 四六時中365日ほとんど一緒で
もち仲ラブラブやけど
いつもは話すんが「自分の事は自分しかわかんないね」

小櫻ちやん感性は好きだよ
肩はって 悩んで 探して生きてるしね


ここに何書いても 小櫻ちゃんの自由だし
気分を害する人は見なきゃいいんだし
小櫻ちゃんだって誰かに好かれようと思って
書いてるわけでもないだろうしね

ただ長屋に「難病」の文字はきついです 
そんだけです。。。
Posted by たけちゃん at 2008年05月08日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。