2010年03月31日

ポータブルトイレでエコ生活?ケアプランに落とすと?

先週、事務所にある業者さんが営業に来た。

「ポータブルトイレで堆肥生成。」


自宅で出た生ゴミを利用して堆肥を作って、土にかえす
…というのは、昔からある。

それを、ポータブルトイレで作る…という代物らしい。


まじまじとその広告をみて、何となく沈黙。
おそらく、職員みんな、自分の頭でシュミレーション。

「っつーか、すごいよね?」
「本物の、自給自足だわい。」

昔々の生活を思えば、肥溜めから桶に排泄物をとってきて
畑に撒いていたのだから、まぁ分らなくもない。
もちろん、今だって鶏糞など使って野菜作りすれば美味しいモノが育つ。
以前、うちに犬がいたときだって
その犬のおかげで、結構美味しいトマトが生ったもんだった。

「自給自足…」

一同、笑った。

「すごいよね?肥料から自分で作るんだもんね?」
「そうだよ。
 生活に対する意向が『自分で畑づくりをして美味しい野菜を作りたい』だべ?」
「そうそう。んでもって長期目標が『土づくりから収穫まで自分でして、出来た美味しい野菜を東京の娘に送ったり、自分で食べて自給自足の喜びを感じる』でしょ?」
「うんうん。じゃぁ、短期目標は『畑に必要な肥料を作る・作る野菜の種や苗を調達する・畑を作る体力を維持する…』とか、だよね?」
「んでもって、サービス内容に『健康管理・排便コントロール』が、出てくるって事?」

一同、さらに大爆笑。

「すごくね?本物の自給自足だわい。」
「いやぁ、昔の生活を思えば、当然って言やぁ当然かも?」
「でもさ、畑に大きく撒くなら、まだしもさ?
 そのポータブルトイレで出来た堆肥を、そのままプランターに移してよ?
 そこに苗を植えて…」
「食べれる?自分の堆肥で出来たトマト。」
「…ごめん。無理かも。」
「私もダメかも。」
「ちょっと、厳しいよね?」
「化学肥料よか、良いかもだけど?」
「変な薬、飲まんにわい。」

すごく、良い発想だと思うんですよ。
でも、それを自分自身に置き換えると…

すいません。うちの事業所
ケアマネジャーたくさんいるのですが、その場にいた全員×でした。

だんだん、この雪国にも春がやってくると思います。
今日は(昨日は)、今年最後の寒波だとかで
とっても寒い日でした。
雪も降ったし、車にも積もった。

一昨日は、合格祝いで公休とって日帰り温泉でのんびりしてきました。
お昼膳も繊細でとても美味しかったです。
その日も、ものすごく気温が低くて
露天風呂でも身体を伸ばして肩まで浸からないと寒い日だった。

もうすぐ、春。

きれいな桜が見たいものです。




小櫻の独り言

先々週、ふと聴かなくてはいけない事があったと思って
ケータイ手にとって、リダイヤルをスクロールした。
通話をプッシュしようとして…止めた。

ああそうだ。
今日は、あなたにとってとても大事な日だった。

ケータイをヒップのポケットに戻して
電話するのは諦めた。

そして、そのまま電話をしそびれている。


あなたの生活が
今日、幸せでありますように。
今日より明日、幸せでありますように。

私は相変わらず、いろんなモノを守ろうとして
足掻いていますが、

私にできる事は、皆無に近いか、ほんの僅かな事ばかり。

だから、せめて願うだけ。

「絶対なんてモノはこの世にはない。
 あるモノは、『無』だけなんだよ。
 あなたは、そういう事に詳しく触れた事がないだけで、
 この世の本質を、実は知っているのよ…」

これは、今日、訪問した利用者さんが私に話してくれた事です。


『絶対』が無い事は、
私は嫌というほど知っている。
そして、これは変わりようのない真実である事も肌で感じている。

それでも、無いって解っているのに
探したい。

『絶対』変わらないモノ。無くならないモノ。

愛に形があるのなら、
私の目の前に、誰か見せて欲しい。

私は、自分が誰かに愛を見せる事が出来ているのか?
そそぐ事が出来ているのか?
自分が愛だと思っていても、相手にとってもそう見えるのか?

私の愛は、他の人が日頃から口にする愛と
形は一緒なの?モノは一緒なの?

絶対も、愛も、自信がない。


この世にないモノ
形のないモノ

私は、きっと、ないモノを永遠に探すのかもしれない。

探し求めて、最期を迎える時
何を私は感じるだろう?

それでも良かったのか、落胆して終わるのか。
耐えられるだろうか?

だから、せめて願うだけ。
私のたくさんの大切な人たちが
今日も明日も、この先も、
幸せだとその人自身が感じる事の出来る1日1日を送っていますように。






参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ blogram投票ボタン

posted by 木下 小櫻 at 01:32 | Comment(0) | 仕事の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。