2011年03月16日

会津より被災者のためのお願い

3月11日の東北関東大震災

その後、何度か投稿していますが、引き続き福島会津よりお願いです。


現在、会津には1000人を有に超える被災者の方が避難所にいらしてます。
避難所によっては、まったく暖を取れないところもあります。

昨日より会津の天候は雪。今晩は更なる冷え込みが予想されます。
道路も凍結するほどの冷え込みです。

どうぞ、会津に灯油の供給をお願いします。
こちらは、都市部と違って、
エアコンやファンヒーターでは、家屋は暖まりません。
ましてや、避難所のような体育館などでは小さなストーブでは暖まらないのです。

新潟経由でなら、タンクローリーも入ってこれます。

私たち、会津住民も自宅暖房も職場暖房も入れずに、燃料の節約を図っています。

避難所では、咳をする方も見られ始まっています。
想像を絶する被災を受けながらも、やっとの思いで避難されてきた方たちです。

どうぞ、よろしくお願いします。

また、本日、救援物資を受け付けている社協さんからの情報では、
会津の避難所で、今すぐ欲しいものは、
1、下着(男性も女性も・・・新品で)
2、バスタオル・タオル
3、毛布・布団
4、暖かい衣類

との、事でした。

その他、
1、医薬品
2、流動食・経管栄養のミルク
3、赤ちゃんのミルク

更に、透析患者さんの透析に使用する医療用品が入ってこないため、
例えば、週3回の透析を、週2回に減らして対応しなくてはならない事態になっています。

また、福祉や介護サービスを利用しなくてはならない人への支援が、
ガソリンが不足しているため、制限されております。
本日現在、介護サービス(デイサービス・ショートステイ・ヘルパー・宅配給食・・・等)の営業休止が相次ぎ、営業継続している事業所は数えるほどしかありません。

首都圏のように、会津は公共交通網が発達していません。
移動は自動車に頼っています。
もともと、バスも電車も1時間に1本、地域によってはそのルートさえありません。
原発の問題さえなければ、徒歩でも自転車でも、支援を必要とする人がいる限り行くことが出来ます。
でも、今は原発の問題があり、しかも雪雨が降っており
私たちの防御も必要な状況です。

ガソリン・灯油は、避難所で暮らす人々にとっても、会津住人にとっても必要不可欠です。

出来る限り、被災者の受け入れをしていきたいと思いますし、
ここ会津の住人の必要最低限の生活も守っていきたいと思います。

もし、可能であるならば、
この状況で、観光客だって来ないでしょうから、
温泉施設等の無料開放を望みます。
そのための、市や県・国の支援も考えてもらえれば・・・と、思います。

さらに、介護保険に特化したことを述べさせていただきますと、
市民以外や、保険証を持たない方への、特例サービスの通達が来ました。
優先順位を考えて、必要とする方に必要な支援を提供するようにとの通知でした。
また、入所施設などでは、
施設人員等の枠を超えて、柔軟な対応を、被災者受け入れをと措置制度の利用に関する通知もきています。
これらのこと自体は、当然そうしていくべきことと認識しています。

ただ、特例サービスを利用する際に、先に10割負担をしていただくことになるとの事でした。
(償還払い)

被災して、非難してきた人たちが、
どうやって10割、払えるというのでしょうか?

通常の生活を送っていたって、10割払える人なんていないと思います。

支払いの面でも、柔軟な対応をしていただきたくお願い申し上げます。


これらのことは、
ここ会津に限らず、今回の東北関東大震災の被災地すべてに共通することだと思います。


ぜひ、全国民の皆さまが
今出来る、ほんの少しの行動を起こしてくださることを願います。




木下 小櫻






参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ blogram投票ボタン
posted by 木下 小櫻 at 20:20 | Comment(0) | 東北関東大震災

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。