2011年03月20日

毎日は、いろんな人の手があって成り立っている

本日、午後のニュースで、
東北地方の通常1日あたりの需要量の燃料を確保した・・・と、あった。

でも、今日も主要道路を歩いていてもGSは臨時休業が相次いでおり、
再開見込み不明と張り紙がしてあり、
聞けば、新潟も東京も、千葉も、給油制限が掛かっているという。

どんな風にして、情報が飛び回るのか分からないが、
「今日は○○GSが開く」となれば、早朝からエンジン切って並んで交通渋滞を引き起こす。
福祉車輌も緊急車輌としての許可を取っているが、まともに給油が出来たのは、先週たったの1日だった。

皆、きっと思いは同じで、
この緊急事態を受け、ほんの少しでもガソリンのゲージが減ると
間に合わなくなる前に、少しでも補給しようと・・・思うのではないか?

出来れば、国にお願いしたのは、
「通常の需要に見合うだけの燃料確保が出来た」のが、事実ならば、
確実にそれが実感できるように、
営業が可能なGS全店舗が、一度に通常営業できるように手配できないものだろうか?
そして、そのメッセージを何度となく繰り返しメディアに送ってはもらえないだろうか?

知事が、「地震・津波・原発」の3重苦を福島県民は背負っていると、力強く訴えた。

被災者の方々も、直接的な被害を受けていない地域の方も、
今は、みんなが大変なときで、少しでも出来る事を・・・と、
いつもよりも、ずっとずっと頑張っている。
それは、子どもたちや要介護者・要援護者であっても同じで、
みんなが、とてもとても我慢しているし、耐えている。

家の中でヒートテックやジャンバーを着こんで、
スーパーに行っては、その日あった食材で食事を考える。
野菜や肉・魚は以外にあるが、日配品はまったくない。
それでも避難所の方に比べれば、全然比じゃない。
自分の家にいられるだけ、私たちはもっと我慢も出来るし、頑張っていいはず。

こうなってみて思うのは、

1日1日の暮らしは、
本当にいろんな人の手があって、いろんな人の力が繋がって成り立っているのだという事。

人は1人でなんて、生きてない。
だからこそ、こんな時だからこそ、
1人1人が、今出来ることをしなくてはいけないと思う。


どうか、国や政府は、より一層の原発への情報開示を、
メディアは、適切で正確な、情報提供を、
私たちは、不適切な情報に踊らされること無く、買占めなどの行動に走らないよう、

今出来ることを、1人1人がしていきたいものと思います。





小櫻の独り言
東北関東大震災から1週間

集配されていないはずの、郵便物が我が家のポストにあった。
精神保健福祉士の合格通知だった。

・・・コロッと、忘れていた・・・。
もう、この大震災で、いろんなことが変わってしまった。

でも、あらためて気付いたものもある。

1日1日を、しっかり踏みしめて大事に生きましょう。




参加してます にほんブログ村 介護ブログへ ブログランキングへ blogram投票ボタン


posted by 木下 小櫻 at 16:35 | Comment(0) | 東北関東大震災

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。